【MARVEL好きも納得】絶対に見るべきMARVELおすすめ作品4選!!

(2020年5月18日に更新しました)

「ディズニーシアターに入ったけどMARVEL作品知らない」

「MARVEL作品って男性が活躍する話でしょ?」

「戦いものはあんまり興味ない」

という方へMARVEL作品を見たことが無かった私が

ディズニーシアターで見れるMARVELおすすめ作品を見つけちゃいました!

家でゴロゴロしながらサクッと読むことができます!

MARVEL作品に興味があまりない人も

  • かなりの確率でMARVELにハマる
  • 素晴らしい作品過ぎて友達とシェアしたくなる
  • 次回がどうなるか気になりすぎて、次の作品見てしまう。

というMARVELを見た事が無かった私がピックアップしました!(現に嫁はMARVELにハマり抜け出せませんでした)(笑)

それでは見ていきましょう!!

MARVELおすすめ作品

ディズニーシアターにMARVEL作品が沢山あるけど

「MARVEL作品見たことない」

という方もいると思います!現に私もそうでした(笑)

そんな1回もMARVEL作品を見たことが無かった私が

実際に見てみておすすめするMARVEL作品をご紹介!!

さっそく行ってみましょう!

MARVELおすすめ作品1つ目:マイティ・ソー

MARVELおすすめ作品1つ目は「マイティ・ソー」です!

「マイティ・ソー」はアスガルドと呼ばれる神様の住む都市が舞台となっており、

ソーがお父さんから王位を受け継ぐはずだったのですが

あまりのワガママさに地球へと追放されてしまいます。

そのおかげでソーの弟であるロキが神の世界を支配しようとしており、

ソーが追放された地球にも敵が侵略してくる

というようなストーリー!!

ここで注目なのはソーとロキの憎めない関係性で

2人がどんな生い立ちだったのか注目です!

そして父であるオーディンが次期王に求めることとは!

キャスト吹き替え情報!!

オーディン:浦山 迅
エリック・セルヴィグ:金子 由之
ソー:見宅 健太
ニック・フューリー:手塚 秀彰
ロキ:平川 大輔
ヘイムダル:斉藤 次郎

MARVELおすすめ作品2つ目:キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アドベンチャー

MARVELおすすめ作品2つ目は「キャプテンアメリカ ザ・ファースト・アドベンチャー」です!

「キャプテンアメリカ」は1942年が舞台となっており

もともと「キャプテンアメリカ」はやせ細っておりポスターなような筋肉はなく

軍に入りたくとも不合格続きでした。

そんな時ソルジャー計画に立候補し強靭な肉体を手に入れたのです!!

そして「キャプテンアメリカ」率いる軍が戦う敵はヒドラと呼ばれる組織で

そこに仲間や戦友が捕まってしまっており助けにいくというストーリー!

ここで、注目すべき点は「キャプテンアメリカ」が出す時代背景です!

時代背景に注目しながら「キャプテンアメリカ」は最後どうなってしまうのか!

アースキン博士:多田野 曜平
バッキ―・バーンズ:白石 充
スティーブ・ロジャース:中村 悠一
ハワード・スターク:野島 裕介
ドクター・ゾラ:佐々木 睦
ペギー・カーター:園崎 末恵

MARVELおすすめ作品3つ目:アベンジャーズ

MARVELおすすめ作品3つ目は「アベンジャーズ」です。

全世界で興行収入10億ドルを突破した超大作でMARVELヒーロー大集結の作品で

それぞれのヒーローで1つの敵を倒すという姿勢がカッコイイのが特徴です!!

もちろん、時系列的に「アイアンマン」や「ハルク」「マイティ・ソー」・「キャプテンアメリカ」という順番ですが

MARVELヒーローを知らなくともこの作品は気軽に見ることができます。

そのため「アベンジャーズ」を見たら他のヒーローが気になること間違いなしです!(現に嫁がそんな感じでした)

そしてトニーが敵と戦ったのち最後に見た光景に注目です!

キャスト吹き替え情報!!

クリント・バートン:宮迫博之
トニー・スターク:藤原 啓治
スティーブ・ロジャース:中村 悠一
ナターシャ・ロマノフ:米倉涼子
ソー:三宅 健太
ニック・フューリー:竹中 直人

MARVELおすすめ作品4つ目:アイアンマン3

MARVELおすすめ作品4つ目は「アイアンマン3」です!

MARVELの原点としては見るべき「アイアンマンシリーズ」中でも

モカラテがオススメするのは「アイアンマン3」

「アベンジャーズ」と繋がっており、そのまま見ることがおすすめです!

「アイアンマン3」にはトニーが作った個性豊かなアイアンマンスーツが沢山出てきます。

もしかしたらお気に入りのスーツが見つかるかも知れません。

ここで注目なのは、なぜトニーが沢山の「アイアンマンスーツ」を作ったのかです!

キャスト吹き替え情報!!

トニー・スターク:藤原 啓治
ペッパー・ポッツ:岡 寛恵
ジャーヴィス:加藤 康之
アルドリッチ・キリアン:小原 雅人
ハッピー・ホーガン:大西 健晴
マヤ・ハンセン:東篠 加那子

最後に

今回の注目ポイント

〇「マイティ・ソー」:アスガルドの次期王である兄ソーと、その弟ロキの関係性と生い立ち。父であるオーディが次期王に求めること

〇「キャプテンアメリカ」:1942年の時代背景を読み解きながら、最後の結末に注目!

〇「アベンジャーズ」:世界興行収入が10億ドルを超えた作品でアイアンマンであるトニーが最後に見た光景に注目!

〇「アイアンマン3」:アイアンマンスーツが沢山出てくる作品で、なぜトニーはそんなにもアイアンマンスーツを作ったのか

他にもMARVEL作品は沢山あります。

まだまだ紹介できてない作品もあるので次回ご紹介させていただきます!!

ディズニーデラックスでは、マーベルやディズニー、ピクサー、スターウォーズの作品が700円(税込770円)で見放題です!!

31日間の無料体験もあるので気になる人はチェックしてみてもいいかも!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

応援して頂けると幸いです!