【コスパ最強】家庭用コーヒーメーカーのオススメ製品3つ(2020年最新)

この記事は2020年6月16日に更新しました。

悩めるパンダ

嫁と一緒に飲めるおすすめの家庭用コーヒーメーカーってありますか?
(出来れば節約したいので、コスパ重視で。)



このようなお悩みを解決します。

この記事で分かる事
  • 家庭用コーヒーメーカーってどんな製品??
  • 家庭用コーヒーメーカーのデメリット
  • 家庭用コーヒーメーカーはこんな人におすすめ
  • 家庭用コーヒーメーカーの種類
  • オススメの家庭用コーヒーメーカー3選
この記事の信頼性
もか
  • カルディ(コーヒー豆の販売店)の元アルバイト店員:3年勤務
  • コーヒー検定の資格あり
  • Twitterの月平均インプレッション3万7000PV以上



こんにちは!
学生夫婦ブロガーのもかラテ( @couplecafe818 )です。


今回は、おすすめの家庭用コーヒーメーカーについて、初めて購入する人でも迷わず買える方法と、オススメの製品を紹介します。

どのコーヒーメーカーを買ったら良いかわからない」という人にオススメの記事となっています。

この記事を読むと、コーヒーメーカーの種類やコスパの良いコーヒーメーカーの選び方を簡単に学べますよ!!!!

Amazonの口コミやレビュー、そして筆者( @couplecafe818 )のレビューを参考に、コスパ良好な家庭用コーヒーメーカーを3つ厳選しました。

それでは、さっそくオススメの家庭用コーヒーメーカーについて、見ていきましょう。

記事の後半に、ココでしか聞けない『家庭用コーヒーメーカーの口コミ』あり

オススメの家庭用コーヒーメーカー:コーヒーメーカーの特徴

コーヒーカップ


まず初めに、コーヒーメーカーの特徴について軽く見ていきましょう。

本格的なコーヒーを自宅で飲める



コーヒーメーカーは、スタバやタリーズで飲むような本格的なコーヒーを自宅で飲めるのが特徴♪

ドトール・スタバ・タリーズ・サンマルクというカフェ専門店のコーヒー豆をテイクアウト(お持ち帰り)し、自宅でカフェのコーヒーを楽しめます。

スタバで毎日コーヒーを飲みたいけど、お金もかかるし忙しくて中々行けない。という人にオススメです。

自分好みのコーヒーを作れる



コーヒーメーカーはアイス・ホット・カフェオレ・アメリカン』など、レストランのドリンクバーのように様々な種類のコーヒーを作れます。

例えば、スタバのコーヒー豆をマイルドにしたり、逆にコクを深くすることも出来るため、有名なカフェ専門店の味をカスタム出来るのも魅力の1つ。

  • アイス
  • ホット
  • カフェラテ
  • デカフェ
  • リッチ
  • マイルド           



忙しい朝は『アイス・ホット』、余裕のある休日は『アメリカン・カフェオレ』といった楽しみ方が可能です。

(※製品によって選べるコーヒーの種類は異なります。)

約2~3分でコーヒーを飲める



コーヒーメーカーは、コンビニの100円コーヒーのように、たった2~3分で本格的なコーヒーを楽しめるのが最大のメリット。


コーヒーが出来上がるまでの時間
  • カフェ(混雑時) : 約4~5分
  • コーヒーメーカー:約2~3分



上で示したように、混雑時のカフェでは最大5分くらい待たされることがありますが、コーヒーメーカーを使うと3分程度で美味しいコーヒーを飲めます。

コーヒーメーカーのオススメ製品:デメリット

コーヒー豆


次に、コーヒーメーカーのデメリットについて解説していきます。

準備・片付けに時間がかかる



コーヒーメーカーは、豆を挽く作業・使用後の洗浄やゴミ捨てがニガテな人にはあまりオススメ出来ません。

コーヒーを作る手順を説明すると、以下のような感じです。

コーヒーを作る手順
  1. 水をタンクに適量入れる
  2. コーヒー豆の重さを量る
  3. コーヒー豆を挽く
  4. ポッド容器にコーヒーフィルターを敷く
  5. ポッド容器に挽いた豆を入れる
  6. スタートボタンを押す



次に、後片付けの手順を例に挙げると、以下のようになります。

後片付けの手順
  1. コーヒーフィルターを捨てる
  2. ポッド容器を洗う
  3. コップを洗う
  4. 洗ったすべての容器を乾かす



以上のように、準備と片付けにかなりの手間が掛かってしまうため、ラクを追求するならコンビニの100円コーヒーをオススメします。

(※各コーヒーメーカーによって仕様が異なります。)

価格が高くて種類が多い



コーヒーメーカーは、どの製品も価格が高く、種類も沢山あるため、どの製品を選べば良いか迷います。

3000円程度の安いコーヒーメーカーから、20,000円以上もする高性能なコーヒーメーカーがあり、種類も豊富です。

価格帯・製品の広さから、どのコーヒーメーカーを買えば良いか分からなくなるのがデメリット。

製品によって味にバラつきが出る



コーヒーメーカーは、製品によって出来上がるコーヒーの味にバラつき出てしまうのが最大のデメリットです。

実際に、Amazonや楽天などのショッピングサイトで、以下のような低評価のレビューが投稿されています。

購入者A

なんか、思ったより薄くて美味しくない。

購入者B

思った以上に豆を挽く時の音がうるさい!



特に全自動タイプと手動タイプでは、同じ会社のコーヒーメーカーでも出来上がりの味が大きく違う製品があります。

また、コーヒーメーカーの使い方や、手入れ方法を間違ってしまうと、あまり美味しくないコーヒーが出来上がるので注意が必要です。

コーヒーメーカーのオススメ製品:こんな人におすすめ

コーヒー, カフェ, 木材, ホット, マグカップ, カップ, ホワイト



コーヒーメーカーは、忙しい朝や仕事帰りに、節約しながら本格的なコーヒーを飲みたい人にオススメです。

カフェで毎日コーヒーを飲むとお金がかかりますし、コンビニの100円コーヒーも毎日飲んだら1か月で3000円も浪費します。

一方コーヒーメーカーで毎日コーヒーを飲んだ場合、以下のように節約できます。

  • ホットコーヒーの豆(1袋200g/496円) ⇒ コーヒー1杯『約25円』
  • アイスコーヒーの豆(1袋200g/550円) ⇒ コーヒー1杯『約37円』

(※カルディのコーヒー豆を参考にしました。)



毎日コーヒーを飲む人にとっては、コーヒー1杯あたりの値段が安い方が助かりますよね。

「節約したいけど、コーヒーだけは毎日飲みたい!!!!!!!」と、節約しながらコーヒーを楽しみたい人にオススメです。

コーヒーメーカーのオススメ製品:コーヒーメーカーの主な種類

コーヒー, マシン, エクスプレス, メーカー, レストラン



コーヒーメーカーには、主に3つのタイプがあり、使い方それぞれ異なるため、3つのタイプの特徴や違いについて紹介します。

ドリップ式



ドリップ式のコーヒーメーカーには『ミルなしタイプ』『ミル付きタイプ』の2種類があります。

ドリップ式:ミルなしタイプ

ミルなしタイプのコーヒーメーカーは、コーヒーの粉』をフィルターに入れてコーヒーを作る製品です。

コーヒー豆を粉末にする必要が無いため、ミルなしタイプはすぐにコーヒーを作れるのがおすすめポイント。

ドリップ式:ミル付きタイプ



ミル付きタイプのコーヒーメーカーは、『コーヒー豆』をミルで粉末状にしてからフィルターに入れてコーヒーを作ります

コーヒーは粉末より豆の方が保存期間が長いため、ミル付きタイプはコーヒーを長く保存したい人にオススメ。

もか

すぐにコーヒーを作れるミルなしタイプとコーヒー豆を長く保存できるミル付きタイプ、どちらも魅力的ですね♪

カプセル式



カプセル式のコーヒーメーカーは、カプセルと水をセットしてボタンを押すだけで、簡単にコーヒーを作れます。

ネスレの『ネスプレッソ』は、カプセル式のコーヒーメーカーで人気ですよね。

コーヒー・カフェラテ・抹茶ラテなど、様々な種類のコーヒーを楽しめます♪

ミル付き全自動



ミル付き全自動タイプのコーヒーメーカーは、豆挽きから抽出まで、全ての作業が自動なため1番人気のタイプです。

やる事は単純で、コーヒー豆と水を適量入れ、ボタンを押すだけ。

ミル付き全自動タイプのコーヒーメーカーは価格がやや高めですが、手動タイプと比べると簡単に挽きたてのコーヒーを作れるので人気です。

悩めるパンダ

ほとんどの作業が自動?!!
ミル付き全自動が欲しい!!!!! でも、値段が1万円以上するから迷うなぁ……

もか

安心して下さい。これから、私が実際に使っているコーヒーメーカーと、おすすめ製品を紹介します!!!

おすすめのコーヒーメーカー3選

カップ, マグカップ, コーヒー, 茶, レストラン, ショップ, カフェ, コーヒー メーカー



これから、おすすめのコーヒーメーカーを3つ厳選して紹介していきます!!!!

それでは早速、見ていきましょう♪

【カプセル式】ネスカフェ ドルチェグスト MD9771-WR \9,000(Amazon価格)

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR
商品の特徴
  • カプセルと水をセットするだけで使える
  • 15種類の味(コーヒーカプセル)から選べる
  • 約1分で作れる時短製品

忙しい朝に1分程度でサッとコーヒーを飲みたい人にオススメ



ネスカフェドルチェグストは水をセットしてカプセルを選ぶだけで作れるため、素早くコーヒーを飲みたい人にオススメです。

ドリップ式とは違って、ネスカフェドルチェグストはコーヒー豆や挽き豆をドリップする手間が無いため、あっという間にコーヒーを作れるのがメリット。

ただし、ネスカフェの独特な『カプセルコーヒー特有の味』に慣れない人にはオススメ出来ません。

ネスカフェドルチェグストは忙しい朝・疲れた仕事帰りなどに最適で、超手軽にコーヒーを作れて低価格なコスパの良いコーヒーメーカーです。

もか

ネスカフェドルチェグストは『手軽さ』『価格の安さ』から、プレゼント向きに買われることが多いコーヒーメーカーです!!!

ただ、ドリップ式とは出来上がりの味が全然違うため、家電量販店などで試飲してからの購入をオススメしますよ♪

【ミル付き全自動】パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57-K ¥21,582(Amazon価格)

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K
商品の特徴
  • 1番人気の全自動コーヒーメーカー
  • 安心の日本製(Panasonic製)
  • 簡単に高品質なコーヒーを楽しめる

リッチなコーヒーの風味をじっくりと楽しみたい人にオススメ



パナソニック全自動コーヒーメーカーNC-A57-Kは、自分に合ったコーヒー豆や挽き豆を、リッチに味わいたい人にオススメ



ほとんどの作業を自動で行うだけでなく、スタバで飲むような高級感のあるドリップを楽しめるのがポイントです。


実際、私も毎日パナソニック全自動コーヒーメーカーNC-A57-Kを使ってますが、本体価格(2万円)に見合った美味しいコーヒーを飲めています。

本体価格は約2万円ですが、全自動コーヒーメーカーの相場は2万円前後なので、 パナソニック全自動コーヒーメーカーNC-A57-Kはリーズナブルな値段ですね。

ただし、パナソニック全自動コーヒーメーカーNC-A57-Kはフィルターケース部分の着脱が難しいため注意が必要です。

もか

私が毎日愛用してるパナソニック全自動コーヒーメーカーNC-A57-Kは、知人に「迷ったらこれ買いな!!!」とオススメするくらい、とても高品質なコーヒーが出来上がります。

給水タンクやフィルターケースのお手入れが問題なければ、買って損はありません!!!!

【ミル付きドリップ式】象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BA \8,000(Amazon価格)

象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BA
商品の特徴
  • 低価格でコクのあるコーヒーを楽しめる
  • 洗いやすい取り外し可能なフィルターケース
  • 初めてのコーヒーメーカーに最適なスペック・価格

コスパ良く高品質なコーヒーを飲みたい人にオススメ



象印コーヒーメーカーEC-VL60-BAは、8000円(Amazon価格)と低価格でかつ高品質なコーヒーを作れるのが特徴です。

象印コーヒーメーカーEC-VL60-BAは、低価格で良質な品質のコーヒーを作れるため、初めてコーヒーメーカーを買う人にオススメ。

ただし、ミル付き全自動のコーヒーメーカーとは違って手動でコーヒー豆を挽く必要があるため、作るのに手間が掛かります。

また、給水タンクやフィルターケースなどをいちいち外して洗う必要があるため、手入れが苦手な人にはオススメ出来ません。

もか

全自動が欲しいけど、2万円も出せない…..でも美味しいコーヒーが飲みたい!!!!
という人にオススメ
です。

ネスカフェに比べたら手間が掛かりますが、コスパの良さと評価の良さはトップクラスなので、迷ったら象印コーヒーメーカーEC-VL60-BAを選んでOK。

最後に

コーヒー, 茶碗, コーヒー 1 杯, カフェイン, コーヒー メーカー, 香り, 飲み物, エスプレッソ



それでは、最後に今回の記事の内容を振り返ってみましょう。

おさらい
  • コーヒーメーカーの特徴・メリット
    →簡単に本格的なコーヒーを、自宅で楽しめる。

  • コーヒーメーカーのデメリット
    →準備片付けに時間がかかる & 製品や種類が多すぎて迷う

  • コーヒーメーカーはこんな人におすすめ!!!
    →節約しながら、本格的なコーヒーを自宅で楽しみたい人におすすめ。

  • コーヒーメーカーの主な種類
    →①ドリップ式 ②カプセル式 ③ミル付き全自動

  • オススメのコーヒーメーカー3選

    ①【カプセル式】ネスカフェ ドルチェグスト MD9771-WR \9,000(Amazon価格)

    ②【ミル付き全自動】パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57-K ¥21,582(Amazon価格)

    ③【ミル付きドリップ式】象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用 EC-VL60-BA \8,000(Amazon価格)



コーヒーメーカーは沢山種類があり、正直どれを買ったらいいか迷ってしまいますよね。

この記事を参考にして、夫婦生活・節約に役立てて頂けると幸いです!!!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

応援して頂けると幸いです!