【1分で読める】読まれるブログの特徴と最低限必要なこと5選

ブログ作成

導入文・タイトルは後回し

本文の内容は途中でコロコロ変わるため

タイトル』と『導入文』は一番最後に書きましょう!

「もっと良い内容が書けそう!」

「記事の方向性を変えようかな?」

と、書き始めた後から気が変わる事って結構ありませんか?

記事の方向性が変わるかもしれないのに、先にタイトルと導入文を決めてしまうと

結局あとで導入文とタイトルを直す必要が出てくるので、記事を書くときは

見出しから書く

タイトルと導入文は放っておく

まずはこれだけでも覚えておきましょう!

見出し直後はキーポイントを書く

要点(一番伝えたいこと)を読者に投げかけるタイミングは『見出しのすぐあと』がベスト

一番最初に要点を知ることが出来れば

この見出しが言いたいこと」がすぐにわかるため、読者も読みやすいですよね!

読者への優しさは、Google先生への評価も爆上げするので『冒頭で大事な事を伝える事』は超おすすめ。

皆さんもうお気付きかも知れませんが

この記事も見出しの直後は必ず要点を伝えていますw

そして見出し本文の最後にも要点を入れましょう。

要点から始まり、要点で終わるように書くと見出しの中がオアシスのように綺麗になります。

まずは、『見出しの直後にキーポイントを書く』ことを意識しましょう!

「」『』を使い分ける

「」は話し言葉、『』は単語に使いましょう。

これも読者とGoogle先生にとって分かりやすい基準になるのです!

考えてみて下さい。

「鳥に餌をやること」それは『超大事ですよね‼』だって、「信じられない~」と『罵声』を浴びてしまうからです。

これ、読みづらいですよね?

単語が大事なのかセリフが大事なのかわかりずらいし

少なくとも私はすごく読みにくいと感じますよw

こんな風に読者を混乱させないためにも、「」と『』は使い分けましょう!

同じ語尾の連続はダメ

本文を書く上で、語尾に同じフレーズを続けないようにするだけで読みやすい文章を書くことが出来ます!

簡単に言うと、文章全体にリズム感を出していく感じですね。

小学生の作文を例に考えてみて下さい。

私はカップルカフェ太郎と言います。

昨日の遠足の感想を書きたいと思います。

美味しかったのはお母さんが作ってくれたお弁当です。

明日もおいしいご飯を食べたいです。

どうですか?語尾が全部『です』『ます』で終わることで、こんなにも読みにくい文章に。

こうならないためにも、語尾に同じフレーズを付け続けるのは避けましょう!

感情的な文の方が好まれる

どんなに要点が分かりやすく内容が素晴らしくても

どんなにリズミカルな文で書かれていても

無機質(ロボットのような)文章は読者に飽きられやすい!!

そうなると、記事の滞在時間が短くなってしまう(Google先生のに評価されない)ため

素の感情をそのまま書いてしまいましょう

商品やサービスを紹介するときに

公式の説明を見ながら書くと文が固くなりがち。

また、「買って欲しい」という下心が丸見えになればなるほど

セールスっぽくなってしまうのも事実。

そうならないためにも、あなたが素直に感じた気持ちを分かりやすく読者に伝える事で

「このブログって感情豊かでおもしろいな」って思ってもらいましょう!

応援して頂けると幸いです!